占いの上手な使い方

    占いの利用者はほぼほぼ女性です。女性は占いを好む傾向があり、信用する確率も高いです。
    自分の話を親身に聞いてくれ、最後にはアドバイスをくれる占いは、悩んでいた心を軽くしてくれます。

    ですが、あまりにも占い師に頼りすぎてしまうと占いなしでは生きていけない「占い依存症」になってしまいます。
    占い依存症にならない為にも占いを上手に使わなければなりません。
     
     

    女性が占いを好む理由

     
    一般的に比べ男性より女性の方が占いを好む傾向にあります。

    思考の傾向に男女の違いがあり、その考え方によって占いというものをどう捉えるかが違うからなのです。

    人の思考パターンは胎児期におけるアンドロゲンというホルモンの働きによって決まっており、男女によって明らかに違うパターンが現れます。

    具体的には、男女で思考の違いの傾向があり、男性は論理的処理するタイプ、女性は直感、感覚的に物事を判断するタイプになりやすいと言われています。

    つまり、占いという科学的根拠の示さないもの、裏付けがないものに対して男性は信じる気になれません。ですが、女性はなんとなく当たっているという程度でも自分が納得できれば十分に信じるに値します。

    そんな男女の思考の違いが占い好きかどうかに影響してきます。
     
     

    上手な使い方

     
    占いは本来「これからどうしたらいいのか?」を知る為にするものです。

    人生計画を立てる為に少し先の未来を占い師から教えてもらって自分のやりたい事を考えている事をしていいのかどうか、どうすればうまくいくのか判断する。それが占いの基本的な使い方だと思います。

    ですが、たまに占い結果を重く受け止めてしまいがちの方がいます。
    そういった方は「ただの占いだ」と軽くみるのがオススメです。

    あまりにも重くみてしまうと、次はどうしたらいいかと不安になってしまいまた占いをしちゃうというループになりかねません。

    占いは、貴方の人生を後押ししてくれる存在ですので、あまりにも重く受け止めずに軽く受け止める事が重要です。
     
     

    占いを上手く利用できる4カ条

     
       占いはあくまでも自分のエネルギーの状態を知る為のものと心得よ
       自分の運命は自分自身が選択してコントロールするものであると心得よ
       究極の選択は占いに頼らず自分自身に「こころ」に耳を傾け決める事
       運勢がダウンしていると判断された場合は無理せず受け身で過ごす事

    占いは決して私達の運命を決めるものではありません。占いは、私達が自然と調和して幸せに生きる為のヒントです。
     
     

    Related Post